KURAMOTO ICEJournal

かき氷機のレンタルについて(コロナ特別増台)

sheved ice

 

かき氷機レンタルって?

弊社ではかき氷機のレンタルをおこなっております。

本格的な業務用かき氷機(かき氷屋さんがガチで使っているやつです!!)をお貸しします。

通常のレンタルシステムは平日プランと土日祝プランというのがございまして、「1日〇〇円」という形で短期レンタルをさせてもらっています。

このレンタルは主に、町会のお祭りや企業イベントなどでお使い頂くことが多いです。

そして実はもう一つのプランがございまして、3カ月の長期レンタルができるシステムです。

 

 

かき氷機の購入価格とレンタル価格

 

そもそも業務用かき氷機といいますのは新品で9~10万円くらいします。

今ようやく1年中かき氷を提供するお店ができてきて、これからもそのような時代になって増えていくかと思いますが、それでもやはりメインは夏ですので、安くはない投資だと思います。

実際に以前からそのようなご相談は多く寄せられていました。

そこで数年前から新しいレンタルシステム「シーズンレンタル」を開始しました。

レンタル価格は3カ月30000円(税別)です。

考え方は様々ですが、「とりあえずやってみたい」という方にはピッタリなプランだと思います。

 

 

シーズンレンタルの利点

 

先ほどは価格の面での利点を書かせて頂きました。

その他にも利点があります。

  1. バリュー
  2. スペース
  3. メンテナンス

1.のバリューとは先程書いた価格です。

2.のスペースは収納です。かき氷を夏季限定で販売する場合は、販売しない期間はどこかに収納します。

飲食店でも会社でもそうですが、スペース=お金という考え方もあります。

そう考えるとスペースがもったいないということになり、必要な時だけ借りられる利点があります。

3.のメンテナンス。やはり設備は劣化するし故障します。そんな時にレンタルであれば買い直したり、修理を待つ必要がない。

ということがリスクヘッジの面で利点だと思います。

以上3点がシーズンレンタルの利点だと考えています。

 

 

シーズンレンタル増台

 

このシーズンレンタルかき氷機、例年は限定5台です。

弊社では40台ものかき氷機を保有しています。

その大量のかき氷機が夏のお祭り真っ盛りには全台貸し出されます。

シーズンレンタルも4月に申し込みを開始しますが、すぐに予約で埋まってしまいます。

しかし今年、コロナウイルスの影響で軒並みお祭りの連絡を頂いており、いつもの夏とはわけが違いそうです。

そこで今年に限ってシーズンレンタルのかき氷機を増台します!というかある限りお貸しします。

 

 

かき氷はじめます。がすっごく多い。

 

タイトルの通り、今年かき氷はじめの飲食店様の問い合わせがすっごく多いです。

今年の状況を考えると、わかります。

昨年のデータですが、弊社が取引させて頂いているかき氷を提供する飲食店様は約80店。

年々増え続けてはいますが、現在の問い合わせ件数から予想するに、今年はさらに20店近く増える勢いです。

弊社でもこの起きそうになっているムーブメントを後押しできる作戦を考えております。

 

 

条件は?

シーズンレンタルの条件は、

  • 石川県内であること
  • 弊社の氷のみを使って頂くこと
  • 大事に使って頂くこと

以上かなと思っています。

かき氷提供に至るまでのサポートは弊社でさせて頂きますので、ご安心ください。

是非チャレンジしてみては?

ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

 

 

- – - – -

クラモト氷業は、かき氷機や冷凍庫のレンタル
かき氷のシロップ・ストロー・カップ・スプーンの販売
その他、石川県内の氷の配達も行っております。
ご入用の際は下記までご連絡ください。
2019年より米国へ進出。世界一の氷屋を目指している。

Tel 076-238-0055
Fax 076-238-0057

Mail info@ice-kuramoto.jp
Facebook www.facebook.com/ice.kuramoto
楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

クラモト氷業|本社 〒920-0831 石川県金沢市東山3-2-22(浅野川大橋詰)

湊工場 〒920-0211石川県金沢市湊1-55-27-2
大正十二年創業 金沢で最も歴史が古い老舗氷屋

 

 

 

クラモト氷業のかき氷屋「クラモトアイス」

 

クラモト氷業 かき氷

 

クラモトアイスって?

 

これから文章が長くなっちゃいますので、ササッと「クラモトアイス」のことを知りたい、出店場所を知りたい方は公式インスタグラムアカウントのURLを下記に貼りますのでそちらからフォローして頂きチェック願います・

https://instagram.com/kuramotoice?igshid=keno9zwtzmhy

 

さて、クラモトアイスは弊社がプロデュース・運営する、移動販売型かき氷屋のことです。

クラモト氷業という美しい氷をつくりだす透明感のあるデザインとはまた違った遊び心のあるデザインやコンテンツをご用意していきます。

クラモトアイスは現在、氷室の文化がある地元石川の地にやっと根付こうとしている「かき氷」の文化を加速させる為に生まれました。

かき氷屋さんの競合ではなく、かき氷業界の盛り上げ役です。

2019年頃から冬でもかき氷が食べられるお店がポツポツと出来始めましたが、そんなお店をもっと増やしたいと思っています。

氷屋から地元石川の地に「かき氷ムーブメント」を起こします!

そしてかき氷で多方面の人や業界に役立てるコンテンツを沢山考えています。

 

そもそもきっかけは?

 

私たちは5年前に弊社は業務拡大の為、創業の地である金沢市東山を離れました。(現在は東山本社となっています)

その最後の夏に店前で昔ながらのかき氷屋さんスタイルで日曜日限定かき氷屋さんを実施したところ大人気でした。

お客様からずっと続けてよとは言われてましたが、そんなわけにもいかずあくまで限定という事で幕を閉じました。

それでもしたいという思いは消えずに残っていた中で2018年12月ある人との出会いがありました。

その人は「私、かき氷専門の移動販売車を運営したいんです」と。

もちろん弊社の氷を使って、かき氷を販売したいという思いでお話を下さったのですが、私としてピンときたというか、運命の出会いかもしれないと思ったところがあったのです。

そこで次回お会いした際に「クラモト氷業がつくるかき氷ブランドで移動販売しませんか?」という提案をさせて頂いたところ、「やりましょう!」という返答が!

ここから「クラモトアイス」のストーリーが始まりました。

ちなみにこの古川さん(のちの「かき氷おじさん」)は元お笑い芸人。

 

思いをデザインに落とし込む

デザイナーはもちろんクラモト氷業のロゴマークから何から何までお願いしている、江森(emo)にお願いしました。

すごく思いに共感してくれて一瞬でプロジェクトメンバーの一員に!

今回のデザインはクラモト氷業の思いを引き継ぎつつも、遊び心と昔あったようでなかったかき氷のイメージをデザインに落とし込んで欲しいとお願いしました。

3種類ほどロゴデザイン案を頂いたのですが、全て思いが伝わるデザインです。

その中でもピンときたロゴデザインが1つ。でもあと少し何か欲しい。でも何か分からない。と伝えました。

そこで出てきたのが「ベロ(舌)」がついたデザイン。

これだ!ってすぐ決定。

デザイナーってかエモすげーなぁって改めて思った瞬間でした。

 

シロップは?

 

これがすごく悩んだところでした。

私たちにシロップづくりのノウハウなんてあるはずもありません。

私たちクラモト氷業にあるのは「氷」に対しての全てです。

そのプロジェクトに軽いノリ?いや熱い情熱を持ちながらのやっぱり軽いノリでプロジェクトメンバーになってくれた金沢市元菊の「カフェエスニカ」。

そのエスニカを経営する一樹(かずき)は他にも事業展開していて、その一つに動画・写真の編集という分野があって元々弊社の動画なんかを撮ってくれていたのです。

その縁から一緒にかき氷Projectを立ち上げるに至るとは想像もしていませんでしたが。

シロップをエスニカ、プロモーションをStudio9ueがここで決定!

 

クラモト氷業 かき氷

 

 

S__4816927

初出店

 

初出店の場所は創業の地である東山でしたいという思いがありましたので、本社の氏神であります「宇多須神社」にお願いしたところ、私たち「クラモトアイス」のやっていること・やりたいことを熱心に聞いて下さり出店に至りました。

2020年6月6日(土)初出動!!

場所:宇多須神社

時間:10時から17時まで

※駐車場はありませんので最寄りのコインパーキングをお使いください

 

今後の出店情報に関しましてはクラモトアイス公式インスタグラムでご確認お願いいたします。

https://instagram.com/kuramotoice?igshid=keno9zwtzmhy

 

S__4816926

S__4816922クラモトアイス かき氷

ちょっと変わった求人募集記事 Kuramoto Ice Recruit 2020

Recruit

 

昨年も求人記事について記事を書かせて頂きましたが、今年もお陰様で事業拡大・クラモト氷業の未来に向けて求人募集致します。

かなり絞った人材の求人となりますので、意味が分からないと思われた方は、途中で記事を見るのをやめることをお勧めします。

そのぐらい個人的見解や気持ちが入った求人となっております。

昨年2019年の募集テーマは「仲間」。

現実に良い仲間が入社してくれて、現在も一緒に頑張ってくれています。

今年2020年の募集テーマですが、もちろん根本が「仲間」であることに変わりありませんが、今回は「戦友」。

そしてどんな人を求めるかと申しますと「仕事人間」です。

 

仕事人間って?

 

この記事を書いておりますのは、、クラモト氷業で専務取締役をさせて頂いております、蔵本和彦です。

あくまで僕が思う「仕事人間」なので、一般論は無視してご理解下さい。

「仕事人間」とは、沢山仕事して毎日仕事のことを考えても苦にならないし、逆にそれを楽しめる人。

だからおそらくその人にとっては、一般的にイメージする「仕事」の感覚とは違う。

私自身も自分がやっている事を他人に伝えるときの表現として「仕事」という言葉を使いますが、一般的なイメージの「仕事」とは違うと思います。

そしてもう一つは「仕事」を「生きがい」にできる人。

ただ「生きがい」は変化していくものだとは思いますし、現時点で構いません。

家族がいるなら、その家族に自信を持って仕事が好きと言える人。

 

そんな人を僕は「仕事人間」と定義して今回の話を進めます。

あっ、もしこの「仕事人間」に変わるキャッチーなワードがあれば教えて下さい。

 

 

なぜ今「戦友」「仕事人間」を募集するのか

 

まずは簡単に弊社業務の種類を説明します。

  1. 製氷業務:氷をつくる
  2. 加工業務:つくった氷を加工・パッケージ
  3. 配送業務:パッケージされた商品をお客様へ配送
  4. 営業業務・既存のお客様のフォローアップ・新規のお客様へ営業
  5. 企画業務:新商品開発・新規事業企画
  6. 事務業務:電話受付・事務作業
  7. EC業務:ネット販売の管理

主に上記のような内容で弊社は成り立っております。

弊社は大正十二年創業の老舗氷屋。

5年前に上記 1. 製氷事業を立ち上げた時も大きな変革の年でしたが、今年は新規事業を2つ立ち上げるという、今の規模だと普通はちょっと考えられないことに動き出しました。

その2つの新規事業というのは、

  1. 米国進出
  2. かき氷移動販売「クラモトアイス」

1.の米国進出は米国の高級層向けのレストランやバーへ向けて輸出を行い、展開していく。

業務用分野での米国進出はおそらく弊社が世界初である。

景気的にも人口増加的にも米国の飲食業界的にもまだまだ伸びる要素が多い、大変魅力的な事業です。

大手にはできないような多品種小ロットでプロ仕様の氷を現地の飲食のプロと一緒につくりあげています。

実際すでに世界的にも有名なレストランやバーでも弊社の氷が採用されており、商圏を広げています。

 

2.の「クラモトアイス」は移動販売型であり、地域性に特化し、今やっと石川県に定着しようとしている「かき氷」の地位を固め、それによって生まれるコミュニティーによって業界全体で面白いムーブメントを起こせればと考えております。

この事業に関して、本年はシミュレーションを含めた年となりますが、今後はフランチャイズ展開へ進めていきます。

かき氷屋さんとかき氷屋さんを繋げられるのは弊社の強みなので、「かき氷フェス」なんてできたら最高に面白いですよね。

 

このように既存事業のアップデート、新規事業のスタートアップどちらも同じく重要です。

今後もスピードアップしながら進めていく計画なので、必要になるのはやっぱり「戦友」なのです。

 

実際、新規事業を立ち上げたからといって弊社の規模でスタッフをどんどん増やすということは難しい。

だからさっきご説明した「仕事人間」という人より仕事をしても苦にならない、数年後幹部を目指す「戦友」が1人絶対的に必要なのです。

正直、頭がいいとか要領が良い人である必要はありません。

物事に本気で接すれば、その物事に対して必要な能力はおのずと付いてきます。

器用じゃなくていいから本気になれる人。そんな人が好きです。

入社して取り急ぎの業務としては、既存のお客様への配送です。

慣れてきたらそこからどんどん仕事を渡します。そして仕事をつくってもらいます。

 

時代とは真逆の「思いっきり働きたい戦友」、

待ってます。

 

募集内容

 

募集人数:1人

給  与:応相談(明確な上限を決めておりませんので、まず話しましょう)

雇用形態:正社員

業務内容:まずは配送業務から

応募資格:ここまで記事を読んでくれた人、戦友になれる人

応募方法:電話・メール(左記2件は記事の一番下に情報あり)

LINE(スマホからHPへいきリンクをして下さい)

他にも弊社の活動に興味がございましたら、InstaglamやFacebookをご覧頂き、そちらからメールでも構いません

 

さいごに

 

実際は、将来もずっと働いてばかりの人材を求めているわけではありません。

目指すは、中小企業だからできる、超多様な「働く」を実現させる為の絶賛準備段階です。

正直今が一番パワーのいる時期で、その時期を一緒に戦って、見たこともない面白い会社になった時に泣きながら一緒に喜べる仲間であり戦友を求めます。

 

アレルギー反応が出ず、最後まで読んで頂いたちょっと変わり者なあなた。

本当にありがとうございました。

 

一緒に氷屋で世界を見ましょう。

 

日経新聞

 

ラスベガス

クラモトアイス

クラモト氷業

 

- – - – -

クラモト氷業は、かき氷機や冷凍庫のレンタル
かき氷のシロップ・ストロー・カップ・スプーンの販売
その他、石川県内の氷の配達も行っております。
ご入用の際は下記までご連絡ください。
2020年より米国へ進出。世界一の氷屋を目指している。

Tel 076-238-0055
Fax 076-238-0057

Mail info@ice-kuramoto.jp
Facebook www.facebook.com/ice.kuramoto
楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

クラモト氷業|本社 〒920-0831 石川県金沢市東山3-2-22(浅野川大橋詰)

湊工場 〒920-0211石川県金沢市湊1-55-27-2
大正十二年創業 金沢で最も歴史が古い老舗氷屋

 

 

 

 

 

 

 

RECRUIT

 

募集。

何を募集かと申しますと、一緒に働いてくれる『仲間』です。

ただ一緒に働くのではなく『仲間』が欲しいのです。

その前に「なんの会社なんだよ!!」と聞こえてきそうなので会社の事を紹介します。

デザイナーにもっと目を引く求人デザインを作ってもらえば窓口が広くなるのかもしれませんが、今回は文章で勝負してみます。

 

株式会社クラモト氷業とは。

まず、弊社は簡単に言うと『氷屋』です。

業種的に言うと氷雪製造業と氷雪販売業。

余計に分かりにくくなりましたね。

単純に言うと、氷を製造して、加工して、営業して、販売、配達している会社です。

あまり聞き馴染みのない業種だと思います。

世の中ではおそらくニッチビジネスと呼ばれる部類。

読んで下さっている方、注目です。

この『ニッチ』が今から強い。

多角化された現代で、情報をシャワーのように浴びていると、専門性の高い『ニッチ』を探すお客様が多く現れ出した。

そこで弊社です。

氷専門で94年間ビジネスをしてきました。

氷をつくる技術は日本が世界一。

弊社も世界が見えてきた。。。

この話は、面接に来てからにしましょう。

 

仲間。

弊社にはどんな仲間がいるかと申しますと、全員で12人。

夏の週末にサポートしてくれる心強い仲間が4人。

この16人をクラモトファミリーと呼んでおります。

仲間じゃないんかい!という感じですが、その辺りは大きい心で受け止めて下さい。

年齢層は大変バランスがとれていて、キャラも強めです。。。

キャラが濃い人を募集しているわけではないので、ご安心ください。

なにが一番と申しますと、『一緒に苦労して一緒に楽しんで最後に一緒に笑える仲間意識の強い人に来てほしい。』

 

募集部署。

まだ部署と呼べるほど人数もいませんが、製造部、配送営業部の2部署で募集します。

製造部はやはり、ものづくりが好きな人が合っていると思います。

配送営業部は、体を動かすのが好きで、お話しするのが好きな人合っていると思います。

どちらも本質は、『一緒に苦労して一緒に楽しんで最後に一緒に笑える仲間意識の強い人に来てほしい。』という思いで募集しております。

最後に弊社の画像を載せますので、会社を知る参考にして下さい。

まだまだ大きくなる会社です。

自分で言うのもなんですが、けっこう全国的にも注目されている会社でして、一昨年は『鉄腕DASH』、昨年は『ゲンバビト』で特集されています。

 

募集内容。

実際条件はどうなんだよと、またツッコみがありそうなので下記に求人情報を。

 

所在地:石川県金沢市湊1-55-27

電話番号:076-238-0055

事業内容:食用氷の製造・加工・販売・配達

募集職種:製造(氷の製造・加工)

配送営業(飲食店・イベントへの配送・営業)

雇用形態:正社員

パート(製造のみ)

応募資格:仲間意識と仕事に意欲がある人

勤務時間:応相談(働き方を相談できます)

給  与:20~30万 ※応相談(働き方によっても変わります)

年2回ボーナス(夏、冬)、決算ボーナス (合計年3回)

 

※上記の下から2項目は面談をして決められればと思っております。

 

今年から、1人1人と働き方を話し合い、その人にあった働き方、それに対しての給与を設定する新しいやり方を導入します。

中小企業だからこそできる働き方だと思っております。

 

ご興味を持たれた方は電話、メール info@ice-kuramoto.jp、LINE(HPからリンクします)でご連絡お待ちしております。

 

 

IMG_0299 IMG_0438 IMG_1663 IMG_0901 IMG_3300 IMG_0973 IMG_2190 IMG_4052 IMG_4191 IMG_1000 IMG_1122 IMG_1664 IMG_1665 IMG_1572 IMG_2060 IMG_1912 IMG_0870 IMG_1984

 

 

 

 

- – - – -

クラモト氷業は、かき氷機や冷凍庫のレンタル
かき氷のシロップ・ストロー・カップ・スプーンの販売
その他、石川県内の氷の配達も行っております。
ご入用の際は下記までご連絡ください。
当社オリジナルの新商品、ハート型の氷もございます。
クラモトの氷は楽天市場でも購入できます。

Tel 076-238-0055
Fax 076-238-0057

Mail info@ice-kuramoto.jp
Facebook www.facebook.com/ice.kuramoto
楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

クラモト氷業|本社 〒920-0831 石川県金沢市東山3-2-22(浅野川大橋詰)

湊工場 〒920-0211石川県金沢市湊1-55-27-2
大正十二年創業 金沢で最も歴史が古い老舗氷屋

 

 

 

 

 

 

 

ドライアイスの特徴・危険・使用方法・保存方法・サイズ・購入方法について

 

 

超便利物質

冷凍の食品(アイスクリーム・冷凍食品等)を保存したことはありますか?

もちろん家庭には冷蔵庫があり、その中に冷凍庫の機能があります。

しかし屋外や冷蔵庫の故障などの時どうしますか?

そうです。電源を使用せずマイナスの温度を維持できる媒体が必要です。

それがドライアイスなのです。

この名前は聞いたことがある人が多いかと思いますが、ドライアイスとは何者だという事を知っている人は少ないかもしれません。

今回はその謎の物質、ドライアイスについて書かせて頂きます。

 

ドライアイスの特徴

ドライアイスと氷は兄弟みたいなもんでしょ。なんて思っている人が多いと思います。

『冷やす』という点では同じですが、全然違います。

まずは特徴を下記に書かせて頂きました。

  1. 二酸化炭素が固体になったもの
  2. マイナス78.5℃の超低温物質
  3. 保存が難しく、常に気化する

でしょ。氷とは違いますよね。

 

ドライアイスの危険

特徴からドライアイスの危険がわかってきます。

まずドライアイスは二酸化炭素が固体になったもの。ということは気化すれば二酸化炭素になります。

密閉された場所での使用、持ち運びは危険ということになります。

そしてマイナス78.5℃の超低温物質であること。

これは低温やけどを起こす危険をもっています。直接触れることは避けて下さい。

私たちがよく使用するのは軍手ですが、長時間触れているとやけどの恐れがありますので、気を付けて下さい。

軍手を二重、軍手の上にゴム手袋をするぐらい気を付けたほうが良いと思います。

 

ドライアイスの使用例

最初に冷凍の食品の保存に使われることを書かせて頂きました。

この使用が一番多いのは間違いないと思います。

しかし他にもドライアイスの使用例はあります。

例えば演出。

ショーや舞台を観に行ったときに登場などで白い煙が出てくるのを見たことがないですか?

あれは、ほとんどドライアイスを使用しています。

ドライアイスは気化させると白い煙がでます。むしろ常に気化しています。

この気化を早めると大量の白い煙を発生させるのです。

他の方法もあるのだろうと思いますが、私たちは水やお湯の中にドライアイスを投入します。

水が冷え切ったり、ドライアイスの周りの水が凍ってしまったりすると気化が鈍くなり、白い煙も出にくくなります。

そうならないようにイベント業者様は専用の機械を使用したり、工夫をしています。

他の使用例としては、ドライアイスの酸化を防ぐ作用を利用して血液や医薬品の長時間保存や輸送があります。

さわし柿を作る際にも使用されるので、秋にも意外と需要があります。

夏休みになると自由研究に使う子供もいます。

 

白い煙の正体

では白い煙とはいったい何なのか。

今までの記述を見ると白い煙の正体は二酸化炭素でしょ。という考えが浮かんでくるかもしれません。

違うようです。

では何かというと、空気中の水蒸気がドライアイスに冷やされて氷や水の粒になったものなのです。

そして時間が経つとまた水蒸気に戻って目には見えなくなるのです。

科学ですね~

 

ドライアイスの保存方法

はっきり言って完全な保存はできません。

よっぽどの設備があればできるのかもしれませんが、現実的ではないです。

しかしできる限り長く保存する方法はあります。

ポイントとしては弊社から現実的なことは3つ

  1. 外気に触れない容器
  2. 密閉性が高い容器(ドライアイスサイズに合ったもの)
  3. 出来る限り低い温度での保存

 

この3点から弊社がオススメする方法とは、発泡スチロール製の箱での保存です。

外気の影響を受けにくいですし、箱のサイズも様々なものがホームセンターなどに売っています。

温度の条件も発泡スチロール素材は高い保冷効果があり、ドライアイス自体がドライアイスを冷やし、温度を保ってくれます。

しかし、保冷性・密閉性が高い箱でも外気温の影響は少なからず受けます。

そこで保存する場所はなるべく低い温度にして下さい。

屋外ですと必ず影に。

このポイントを押さえれば、気化していくという自然現象に少し立ち向かうことができます。

ただし室内などに保存する際は二酸化炭素による中毒になりますので、窓を開けるなり、換気をしてください。

この保存でも1日約2kgは気化してしまいます。

数日保存する際は1日この「2kg」を基準にしても良いかもしれませんね。

冷すものにもよりますので、ドライアイス販売店に相談するのが良いかと思います。

 

ドライアイスのサイズ

元々は25kgの大きな塊になっていますので、そこからの切り出し方によってコントロールできます。

一般的なサイズは1kgで奥行120mm×幅240mm×厚み22mmです。

塊が大きいほうが気化しにくいので上記サイズを基準に販売店に相談してください。

 

ドライアイスの購入方法

もちろん弊社をオススメします。

といいたいところですが、やはりお近くの販売店でご購入されるのが良い場合もあります。

その通り、弊社にご相談頂いても時間・場所・状況によっては、別の販売店をご紹介させて頂くことがあります。

是非ご相談ください。

どちらにせよご注意を頂きたいのが、すぐにご用意できない場合があるので最低でも1日前には予約をして頂きたいということです。←もっと余裕があると数量や場所によっては配送ができる可能性もあります。

先述させて頂きました通り、ドライアイスは販売店であっても完全な保存はできません。

よって、販売店は基本、在庫を抑えます。

そこを考えた上で早めのご予約をオススメします。

 

ドライアイス

 1kg・・・奥行120mm×幅240mm×厚み22mm

 

 

 

 

- – - – -

クラモト氷業は、かき氷機や冷凍庫のレンタル
かき氷のシロップ・ストロー・カップ・スプーンの販売
その他、石川県内の氷の配達も行っております。
ご入用の際は下記までご連絡ください。
当社オリジナルの新商品、ハート型の氷もございます。
クラモトの氷は楽天市場でも購入できます。

Tel 076-238-0055
Fax 076-238-0057

Mail info@ice-kuramoto.jp
Facebook www.facebook.com/ice.kuramoto
楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

クラモト氷業|本社 〒920-0831 石川県金沢市東山3-2-22(浅野川大橋詰)

湊工場 〒920-0211石川県金沢市湊1-55-27-2
大正十二年創業 金沢で最も歴史が古い老舗氷屋

1 2 3 4 5 6 18