KURAMOTO ICEJournal

カットアイスにハートの氷が入っていたお客様へ

クラモト氷業の遊び心

この度は当社のカットアイスをご購入頂き、誠にありがとうございます。

検索でこのページがヒットしたということはハートの氷が当たったのですね!!

おめでとうございます!!確率的にはかなり低いのであなたは本当にラッキーです。

たまたまハート型に割れたわけではありません。

もちろん表示の内容量プラス、ハートアイスですのでご安心下さい。

運の良いあなた。今後も、より幸運が訪れますように祈っております。

今後とも当社商品をご愛顧の程、宜しくお願いします。

 

ハートの氷

ハートアイスは通常販売もしております。記念日など大切な日にお使いください。

 

 

heart-ice

 

株式会社クラモト氷業 専務取締役 蔵本和彦

 

富山県の氷事情。

superball-ice

製氷工場を立ち上げ初めての夏。

まずは皆さま、今年の夏もたくさんのクラモトアイスをお使い頂き、ありがとうございました。少しは日本を涼しくできたかと思います。笑

今年の夏は自社製氷になり、初めての年でしたので実は内心ドキドキでした。

目まぐるしい毎日でしたが、終わってみればスタッフみんなの頑張りでなんとか在庫も切らさず、天候にも恵まれ、良い年と言える夏でした。

そんな中、製氷事業を始めたことで新しい取引先もどんどん増えてきました。

今回のブログではその中の1社との出会いを書かせて頂きます。

 

高岡市の酒屋さん

その取引先はお隣富山県高岡市の寿酒販様という酒販店さんです。

なぜ酒屋さんが?と思うかもしれませんが、実は酒屋さんと氷屋というのはお客様が飲食店が多いということでかなり関わりのが深いのです。

基本的には地域ごとに酒屋さんも氷屋もあるのですが、富山県は絶望的に氷屋が少ないのです。

そこで困るのは飲食店です。こだわった氷を使いたいのに仕入れられない。

その危機的状況に高岡市の寿酒販様はなんと自社で地元製氷会社に氷を仕入れに行き、自分たちでピックで割って袋詰めしてお客様の元に届けていたのです。

お客様のために氷屋と同じことをしていたのです。

なんともお客様思いの会社です。

 

富山県は良い氷の入手が困難

富山県の氷屋は現状、後継者不足により高齢化が進み、廃業が続いているのです。現存する氷屋もできる限りの供給量で営んでいるのです。

ちなみに石川県は現状で8軒あります。

それでも富山県と同じ理由で減り続けています。

たしかにコンビニやスーパーで気軽に氷を買うことができるようにはなりました。

しかし飲食店は氷を買いに行くという方法は妥当ではありません。

その理由は氷は重い上に溶けてしまう。飲食店が大量に使用したいと思っても仕入れが大変なのです。

 

危機的状況をチャンスに。

良い氷が供給されないということは、こだわりを持った良いお店がなくなってしまうということです。これは富山県の酒販店、飲食店にとって大きなマイナスです。

ここで立ち上がったのが最初に書かせて頂いた富山県の寿酒販様です。

春ごろに寿酒販様の副社長から当社に一本の電話がありました。これが初めてのコンタクトでした。

工場見学をさせていただけませんか?とお話を頂いたのです。

すぐにお互いの日程を合わせて、社長、副社長、仕入担当様でおいで頂きました。

なぜ当社にお電話を頂けたのですか?と聞きますと。

ある紙面に当社が「氷屋から製氷メーカーに」というタイトルで一面に載っていたのを見て知り、そのあとブログを見て興味が沸きましたと。

今年書いたブログの「業者を知ることは自社の商品を本当に知ることだと思う」を見て頂き。ぜひ自分たちから取引したい会社を見に行こうと来てくださいました。

この言葉に感激でした。地道に少しづつでもブログを書いてきて良かったと。

もちろん当社の氷に対する思い、衛生的な設備と意識などをお伝えしました。

しかし寿酒販様のプレゼンが凄かった。熱い思いが伝わってきてすぐにこちらが取引させて頂きたいと感じました。

寿酒販様は一番に飲食様に良い氷をお届けしたいという思いがありました。これはお互いに思いのこもったビジネスができると思わせてくれました。

お話の中で「酒販店はメーカーとは違い、大体が他の会社でも仕入れられるものを扱っているんです。だから配達するお酒に自分たちの思いを乗せているんです」と。これは最高でしたね。

ただ、「変える」という行動はすごく大変であります。そこを乗り越えて8月1日より取引を開始させて頂きました。

当社も富山県の飲食店の将来を少しでも良いものに変えられるよう、氷づくりをしていきます。ストーリーのあるお取引は大好物です。

 

高岡市の街を見学

先日、氷を納めさせて頂くようになった高岡の街を寿酒販様にご案内して頂きました。

大きい飲み屋ビルが並んでいる街ではなく、一軒一軒がオシャレなビルが多い街で歩いていて楽しかったです。

これからの氷に対する課題も頂きました。

なによりお互いに熱い思いを確かめ合えたことが収穫でしたね。よく酔いました。

こんな風に楽しいお取引をさせてもらえることは幸せですね。

最後に、オススメ頂いた「河童」という老舗のバーに寄らせて頂いたのですが、すっごく良いお店でした。是非高岡に行かれた際には寄ってみてください。

氷も質が最高に良くなったと言って頂きました。

高岡市で「金澤氷室」を仕入れてみたいという方は一度お問い合わせください。

さあ色んな街を変えて行こう。

北陸三県で氷をお求めの方は当社楽天市場店で「北陸三県限定送料無料商品」がございます。下記URLよりご注文お願い致します。

http://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

 

kotobukisyuhan

 

 

今回寿酒販様のホームページ→http://kotobuki-syuhan.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

- – - – -

クラモト氷業は、かき氷機や冷凍庫のレンタル
かき氷のシロップ・ストロー・カップ・スプーンの販売
その他、石川県内の氷の配達も行っております。
ご入用の際は下記までご連絡ください。
当社オリジナルの新商品、ハート型の氷もございます。
クラモトの氷は楽天市場でも購入できます。

Tel 076-238-0055
Fax 076-238-0057

Mail info@ice-kuramoto.jp
Facebook www.facebook.com/ice.kuramoto
楽天市場http://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

クラモト氷業|本社 〒920-0831 石川県金沢市東山3-2-22(浅野川大橋詰)

湊工場 〒920-0211石川県金沢市湊1-55-27-2
大正十二年創業 金沢で最も歴史が古い老舗氷屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラモト氷業東山本社が生まれ変わります。

お知らせ

今年もかき氷屋さんをするつもりが今年は営業できておらず、楽しみにしてくださっていた皆様に大変申し訳なく思っております。

当社は昨年11月、金沢市湊に製氷工場を立ち上げました。そこで製造、配送センター、事務機能を湊工場に移して営業しております。

本社は東山なのですが、実質湊のみの稼働となっております。

クラモトさん氷屋辞めたんだーって声もあるみたいですが、やってます。業務拡大でございますので。

かき氷屋さんの話に戻しますが、実は現在東山本社を改装しております。

なにができるかと言いますと、ビール醸造所です。しかもその場で飲める。

田中誠さんという33歳の情熱に溢れた方がオープンさせます。

 

kuramoto honsya

 

minato factory

 

 

東山本社をお貸しした経緯

クラモト氷業は先ほども書いたように製造から販売までの一貫化を図り湊工場を立ち上げ、ほとんどの機能を移転させました。

移転を知った飲食店様など色々な方から貸してくれないかとたくさん頂きました。

東山本社は何十年と氷屋をしてきた歴史と思い入れがあります。本社として残しておきたいという思いが強く、全てお断りしてきました。

夏には去年みたいにかき氷屋さんをしようかなんて思いでいました。

実際湊工場の立ち上げで本社の方向性を考えている暇もなかったのも事実です。

ただ、ものづくりを長くしてきたこともあり、ものづくりをする場所であることは続けていきたいと考えてはいました。

そんなときによく知っている経営者の方から自分のスタッフの旦那さんが金沢でビール作りをしたくて場所を探しているから一度会ってあげてくれないかと言われたのです。

氷屋なのに蔵本家は大のビール好きで興味があり、会ってみることにしました。

実際お会いして話してみると華麗なる経歴ではあるのですがすごく情熱のある方で、引き込まれました。

当社の氷を溶かした水でビールを作ってみたいとか、氷屋であったことを伝え続けられる店舗にしたいとか是非かき氷屋さんも続けてやって欲しいとか、シェアできる部分が多々あり、これはお互いに楽しい道が作れそうだと感じました。

二階にはクラモト氷業本社事務所を残せるということもあり、そこからは話が早かったです。

ビール醸造所の店舗名、会社名はオリエンタルブルーイング。かっこいい。

先日オリエンタルブルーイングとクラモト氷業合同バーベキューも開催してお互いに信頼も深め合いました。

 

bbq

 

 

ということでこの夏、ビール醸造所レストラン・クラモト氷業本社が完成します。

ものづくりは受け継がれていきます。

もちろん寂しい面もありますが最高の進化だと思います。

オリエンタルブルーイングのホームページもご覧ください。

http://www.orientalbrewing.com/recruit/

まだまだ東山クラモト氷業の歴史は続いていきます。

今後とも応援宜しくお願いします。

実は富山県高岡市で飲食店様向けに当社の氷を販売して頂ける酒販店様とお取引させて頂くこととなりました。

かなりの情熱がある会社様で良いお付き合いをさせて頂けそうです。

この件は、また次のブログで書きたいと思います。

 

 

 

 

 

- – - – -

クラモト氷業は、かき氷機や冷凍庫のレンタル
かき氷のシロップ・ストロー・カップ・スプーンの販売
その他、石川県内の氷の配達も行っております。
ご入用の際は下記までご連絡ください。
当社オリジナルの新商品、ハート型の氷もございます。
クラモトの氷は楽天市場でも購入できます。

Tel 076-238-0055
Fax 076-238-0057

Mail info@ice-kuramoto.jp
Facebook www.facebook.com/ice.kuramoto
楽天市場http://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

クラモト氷業|本社 〒920-0831 石川県金沢市東山3-2-22(浅野川大橋詰)

湊工場 〒920-0211石川県金沢市湊1-55-27-2
大正十二年創業 金沢で最も歴史が古い老舗氷屋

 

 

 

夏の現場事務所に熱中症予防用氷のご提案。

water bottle

現場の危機管理

近年、現場作業者の熱中症対策で企業様からよく当社に問い合わせを頂いております。

現場作業といいますと炎天下での作業が多いと伺います。

色々な対策をしている企業様でも一年に数人は熱中症になる作業員がいるとも伺っております。

そこで、もちろん個人の体調管理も重要なのですが、水分補給が必須であります。

 

 

当社がオススメする熱中症対策

先程水分補給が必須であるとお話しさせて頂きましたが、夏にあったかい飲み物は飲みたくありませんよね。

しかし現場には冷蔵庫はありません。

そこで皆さん水筒に飲み物を入れて現場に持ち込んでいます。

朝水筒に氷と飲み物を入れて現場に向かうと聞きます。

ただ、家庭用冷蔵庫からできる氷が丸一日もつわけがありません。

そこでオススメするのが当社が扱っておりますカットアイスです。

当社の氷は純度を限りなく高めて製氷しておりますので溶けにくいのです。

つまり丸一日氷を溶けさせず、常に冷たい状態で水分補給ができます。

 

 

どんな氷を使えばいいのか

水筒によって合う氷があります。

そこで使用例をご紹介していきます。

  1. 細めの水筒(直径約5cm):カットアイスMとダイヤアイスMをオススメします。3kgで約10日分です。
  2. 一般的な水筒(直径約10cm):カットアイスMとダイヤアイスMをオススメします。3kgで約7日分です。
  3. 大きめの水筒(2L):カットアイスLをオススメします。3kgで約5日分です。
  4. 12L水筒:カットアイスLとブロックアイスをオススメします。カットアイスLは3kgで約1日分、ブロックアイスは1貫で約1日分です。

 

cutice mdaiaice

1

block ice

 

当社が提案する氷の使用方法

現場作業に向かわれるスタッフがおいでの会社事務所、夏の工事現場事務所に氷を常備させてはいかがでしょう?もちろん来客が多いショールームをお持ちの企業様なんかも。

現在、毎年数社の企業様からご注文を頂いております。毎年5月から10月、某大手電気工事会社様には事務所に冷凍ストッカーを設置し、朝現場に向かわれるスタッフ様に使用して頂いております。

氷のおかげで熱中症になる現場スタッフが激減したとのうれしいお声を頂いております。

冷凍ストッカーを無償レンタルできるプランもご用意しておりますのでご興味ございます方は一度お問い合わせください。

氷は配達させて頂きますので買いに行く手間も省け、通常のお仕事の効率もぐんと上がることと考えます。

まだこのサービスにお気付きでないお客様へのアクションとして今回このクラモト氷業JOURNALにてお知らせさせて頂きました。

さあこれから夏本番に向かいます。熱中症のない企業を目指して是非ご検討をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

- – - – -

クラモト氷業は、かき氷機や冷凍庫のレンタル
かき氷のシロップ・ストロー・カップ・スプーンの販売
その他、石川県内の氷の配達も行っております。
ご入用の際は下記までご連絡ください。
当社オリジナルの新商品、ハート型の氷もございます。
クラモトの氷は楽天市場でも購入できます。

Tel 076-238-0055
Fax 076-238-0057

Mail info@ice-kuramoto.jp
Facebook www.facebook.com/ice.kuramoto
楽天市場http://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

クラモト氷業|本社 〒920-0831 石川県金沢市東山3-2-22(浅野川大橋詰)

湊工場 〒920-0211石川県金沢市湊1-55-27-2
大正十二年創業 金沢で最も歴史が古い老舗氷屋

 

 

 

「金澤氷室」金沢市長室へ。

yamano sichyou山野市長から呼び出し?

先月、当社の新ブランド「金澤氷室」を北國新聞に取り上げて頂きました。

その記事を山野市長が見て下さったらしく、すぐに当社に秘書の方からご連絡を頂き、ぜひクラモト氷業の氷を見たいとのお話でした。

しかし全商品が完成していないので6月まで待って頂けないかとお願いしていたものが本日6月9日にようやくお見せすることができました。

普段呼び出しと聞くとドキッとするのですが、なんともうれしい呼び出しです。

 

kanazawahimuro

「金澤氷室」??

前にブログで「金澤氷室」について今度書かせて頂くとのことだったのですが、今回書かせて頂きます。

「金澤氷室。」

金沢は、その名の通り、取れた金を川で洗っていたことから「金洗沢」から転じて「金沢」となりました。

金だけでなく、金を洗う美し水が、金沢には昔からあります。

クラモト氷業は大正十二年に創業した老舗氷屋です。

わたしたちは何十年にもわたり金沢の美しい水と向き合い、氷と関わり続けてきました。

その美し水を四十八時間かけてゆっくりと手間をかけ氷らせ、透明度が高く美しい宝石に仕上げました。

そして加賀藩は徳川家に氷室の氷を献上していた歴史があり、金沢では現代でも7月1日を「氷室の日」として大切にしています。

その金沢の歴史・文化・美し水そして経験にて培った知識をもとに技をみがいた結果「金澤氷室」が完成しました。

金澤を感じながら味わって頂きたく思います。

 

「氷心」。

市長室に入らせて頂くとテーブルには「書」が。

そこには「金澤氷室」「氷心」と書かれていました。サプライズプレゼントです。

どちらも社宝にさせて頂くのですが、「氷心」は特にグッときました。

一片氷心という言葉がありますが、「氷心」だけになると氷屋には色々と感じさせてくれる言葉となりますね。

常日頃当社では氷に心を乗せてお客様にお届けしております。文字にして頂くとより重みを増しました。

さすが金沢を束ね伸ばしていくお方なんでしょうね。

額に入れてスタッフ全員が見える位置に飾らせて頂きます。

色々とお話しさせて頂きましたが、山野市長は「心」を感じられる方です。

ただ金沢に熱いだけじゃなく「心」がありました。

わたしたちも氷という分野から金沢好きを増やすお手伝いがしたいです。

 

今後の展開。

「金澤氷室」はさらに進化をし続けます。

金沢を、氷を、もっと好きになる展開が。

まだ実現には時間がかかりそうですが「心」があれば必ず実現できます。

こんな熱い氷屋、クラモト氷業をこれからもよろしくお願いします。

下の写真は五代目が市長の椅子に座らせてもらっているだけで今後の展開とは関係ありません。笑

 

市長室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- – - – -

クラモト氷業は、かき氷機や冷凍庫のレンタル
かき氷のシロップ・ストロー・カップ・スプーンの販売
その他、石川県内の氷の配達も行っております。
ご入用の際は下記までご連絡ください。
当社オリジナルの新商品、ハート型の氷もございます。
クラモトの氷は楽天市場でも購入できます。

Tel 076-238-0055
Fax 076-238-0057

Mail info@ice-kuramoto.jp
Facebook www.facebook.com/ice.kuramoto
楽天市場http://www.rakuten.co.jp/ice-kuramoto/

クラモト氷業|本社 〒920-0831 石川県金沢市東山3-2-22(浅野川大橋詰)

湊工場 〒920-0211石川県金沢市湊1-55-27-2
大正十二年創業 金沢で最も歴史が古い老舗氷屋

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 15